本文へスキップ

伊勢神宮を本宗と仰ぐ、神社本庁傘下の神社です。

出張祭典PRAY

その土地・その店で、家内安全・商売繁昌・飛躍発展・平穏無事・・・などなど、想いはたくさんあるかとおもいます。その想いを叶える一助として、神職がご自宅・お店など現地にお伺いし、祭場を整え、神さまをお招きして祝詞を奏上し、お祓いをいたしております。
詳細については、お問い合わせ下さい。

地鎮祭(地まつり)

地鎮祭(じちんさい・とこしずめのまつり)は、家屋の建築(新築・改築など)や各種土木工事などで工事を始める前に、その土地の神(氏神)を鎮め、工事の安全とその地での平和・安寧を祈願する祭で、鎮地祭、地祭り、土祭り、地祝いとも言います。
よく更地で青竹を4本立て、その間に注連縄を張り、お供え物をして、施主・建設業者の方々が参列して、神職が祝詞を奏上しているのが地鎮祭です。

上棟祭(棟上げ)

上棟祭(じょうとうさい)とは、建物の新築の際に行われる祭で、棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)とも言います。
竣工後も建物が無事であるよう願って行われるもので、通常、柱・棟・梁などの基本構造が完成して棟木を上げるときに行われます。上棟祭特有の儀礼として、曳綱の儀(棟木を曳き上げる)、槌打の儀(棟木を棟に打ちつける)、散餅銭の儀(餅や銭貨を撒く)などがあり、また、これらの儀礼が執り行いづらい場合は、棟札をお祓い、祈願して棟木に取り付けている方もいます。
なお、現代では木造ではない建物、棟木がない建物がありますが、そのような場合でも、安全を祈願して主要な構造ができあがった時期に行われることをおすすめいたします。

建物・井戸 などのお祓い

新築・改築・改装・転居などの際、入居する前に悪いことが起きないように建物を祓い清める祭です。各部屋・玄関・水回りなど建物内全てを祓い清めます。
また、建物の解体・井戸埋めなどの際も今までの感謝をこめてお祭りをします。

開店・商売繁昌・社業繁栄 などのお祓い

新しいお店の開店にあわせて商売繁昌の祈願をいたします。
店内を祓い清め、事故などが起こることなく、社業が繁栄し、千客万来となるよう祈ります。