(ひっ)(かい)と所有権界の違いは何ですか?

土地の境界を大きく分けると、公法上の境界と、私法上の境界に分けることができます。公法上の境界には、「筆界」、私法上の境界には、「所有権界」や「占有界」等があります
「筆界」とは、一筆毎に付した地番と地番の境のことです。法務局で取り扱っている「境界」は、全て「筆界」です。土地の登記簿(登記記録)に載っている地積は、筆界で区画された一筆の土地の面積です。法務局にある、地図や公図、地積測量図に表されている境界線も、全て「筆界」です
「筆界」については、不動産登記法第123条において、次のように規定されています
不動産登記法第123条(抜粋)
この章において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる
一 筆界 表題登記がある一筆の土地(以下単に「一筆の土地」という。)とこれに隣接する他の土地(表題登記がない土地を含む。以下同じ。)との間において、当該一筆の土地が登記された時にその境を構成するものとされた二以上の点及びこれらを結ぶ直線をいう
「所有権界」とは、所有権と所有権の境のことで、隣接地の所有者間で合意された境界線です。(所有権に基づき隣接当事者間で合意された境界)私たちが一般に「境界」と言っているのは、「所有権界」のことです。占有界とは、所有権とは関係なく、占有の事実によって形成されている境界。両者は「私法上の境界」とも呼ばれています

公益社団法人 岐阜県公共嘱託登記土地家屋調査士協会より転載


(ひっ)(かい)とは何ですか?一般にいう境界とは違うのですか?

「筆界」とは,ある土地が登記された時にその土地の範囲を区画するものとして定められた線をいいます。したがって,所有者同士の合意等によって変更することはできず,分筆や合筆の手続をとらない限り,変動することはありません
これに対して 「境界」という , 語は,所有権の範囲を画する線という意味で用いられることもあり その場合には 筆 , , 。 ,, 界とは異なる概念となります 土地は 通常一筆を単位として取引されますが,一筆の土地の一部についても,時効取得することや譲渡をすることが認められていますので,筆界に変動がなくても,所有権の帰属は変更されることがあります。したがって,筆界は所有権の範囲と一致することが多いのですが,一致しないこともあります

法務局より転載


(きょう)(かい)

土地の境界には二つの意味があり、一つは土地の所有権の及ぶ範囲を示す「私的境界」と、一つは公図(地図)上に示された地番毎の土地の区画線を示す「公的境界」を指す
不動産登記法第14条2項に「地図は、一筆又は二筆以上の土地ごとに作成し、各土地の区画を明確にし、地番を表示するものとする」と規定されており、「筆界」は、一般的には公的に定められた各地番毎の公的境界をいう
私的境界は、隣接者同士の協議により変更できるが、公的境界は、公の制度として定められた線であるため移動させることはできず、私的境界と公的境界は理論上は異なっている

一般社団法人東京都測量設計業協会より転載


(ひっ)(かい)又は(ふで)(かい)

一筆の土地の境界のこと。法的には、個々の土地を区画する公法上の区分とされている線
土地の自然状態は連続しておりこれを物権の目的物として登記するために、人為的に区分して独立させる必要から、不動産登記法上、すべての土地は、かならず一区画ごとに地番が付されている(不動産登記法第35条1項)。この地番と地番の境が筆界となる

一般社団法人東京都測量設計業協会より転載