制限行為能力者制度とはどのような制度ですか?

未成年者や痴呆性高齢者、知的障害者、精神障害者など年齢や病気が原因で判断力が不十分な人を保護するための制度です
一人で完全に有効な契約をすることができる能力を「行為能力」といいますが、そのような行為能力が制限されている者が「制限能力者」です。制限能力者には ① 未成年者 ② 成年被後見人 ③ 被保佐人 ④ 被補助人 があります

一般社団法人東京都測量設計業協会より転載