未成年者の場合も財産の処分に関する法律行為は取り消すことはできますか?

未成年者は判断能力が不十分であるため、原則として単独で有効な法律行為ができません。法定代理人(親権者または未成年後見人)の同意があって、初めて有効な法律行為を行うことができます

公益社団法人 岐阜県公共嘱託登記土地家屋調査士協会より転載


以下、民法から引用
第五条(未成年者の法律行為)
  1. 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
  2. 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
  3. 第一項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。