地縁団体の代表者名義で登記がされている場合の手続きを教えて下さい

認可地縁団体は不動産登記において登記名義人となることができます。認可前は当該団体は権利能力なき社団として扱われ、登記名義人となることができません。認可後に、不動産所有権の登記名義を認可前の代表者などの個人名義から認可地縁団体名義にする場合、所有権移転登記を申請することになります。(1991年(平成3年)4月2日民三2246号通達)
なお、認可前に代表者などの個人名義で表題登記のみがされている場合、その者の名義で所有権保存登記をした後に認可地縁団体への所有権移転登記をするべきです(登記研究521-166頁)。尚、認可地縁団体の代表者の資格証明書の発行は、地縁団体の所在する市町村が行います

公益社団法人 岐阜県公共嘱託登記土地家屋調査士協会より転載