基準点の使用義務を負う範囲はどこまでですか?

  1. 基準点が単路線で設置されている場合
    1. 路線から50m以内に全部または一部が存する土地である場合
  2. 基準点が網として設置されている場合
    1. 網内に全部または一部が存する土地
    2. 網外から50m以内に全部または一部が存する土地
    3. 網外であるが、基準点間が直線で400m以内で結ばれる場合は、結ばれる線を単路線としての範囲と同様に取り扱う
(平成19年7月10日 登(不)第267号「岐阜地方法務局における分筆登記申請等の都市再生街区基準点の活用基準」について)

公益社団法人 岐阜県公共嘱託登記土地家屋調査士協会より転載