すでに提出されている地積測量図が、新たに提供された地積測量図と相違が生じる場合どうすればよいですか?

岐阜地方法務局不動産表示登記事務取扱規程では下記のとおり処理することになっています

  1. 新たに提供された地積測量図と、すでに提出されている地積測量図が、公差を越えて相違が生じる場合、すでに提出されている地積測量図が誤りである場合は、登記官はすでに提出されている地積測量図の訂正の申し出を求めるかまたは地積更正を求めることになる
  2. すでに提出されている地積測量図を訂正することが極めて困難である場合は、登記官は、すでに提出されている地積測量図に所要の措置をしたうえで、受理して差し支えない
  3. 相違する提出済の地積測量図が申請地の隣接土地の場合は、登記官はその誤りを証する情報の提供を求めればたりるものとする

(岐阜地方法務局不動産表示登記事務取扱規程平成19年5月7日付岐阜地方法務局訓第9号第6条)

公益社団法人 岐阜県公共嘱託登記土地家屋調査士協会より転載